スポーツ選手

サニブラウンアブデルハキームの父親や高校が気になる!現在日本最速?

投稿日:

Pocket




今、陸上界で注目のサニブラウンアブデルハキームさん、現在までの高校などの経歴や父親についても関心が集まっているんです。現在、2020年の東京オリンピックを虎視眈々と狙うサニブラウンアブデルハキームさんについて、父親や出身高校などを調べてみました。

スポンサーリンク




サニブラウンアブデルハキームの国籍は日本人?

(出典:https://www.sankei.com)

サニブラウンアブデルハキームさんといえば、最近テレビでもよくみかけますよね。2019年5月11日、米大学南東地区選手権男子100メートル決勝で9秒99という記録を叩き出したことで、2017年9月に桐生祥秀さんが9秒98の日本新記録を出してから、現在日本人で二人目となる『10秒の壁』を越えた数少ない逸材となりました。見た目的には「日本人じゃないやん!」という感じですが、国籍や育ちは日本で、日本語もペラペラです。

おそらく、父親か母親のどちらかは外国人なのでしょうね。

サニブラウンの家族について父親はガーナ人なのか職業は?母親が日本人で父母は創価学会なのか調べてみた!

サニブラウンアブデルハキームさんは、父親がガーナ人、母親が日本人のハーフです。

(出典:https://robamimireport.com)

サニブラウンさんの父親はガーナ人であり、サニブラウン・アブデル・ラティフさんという名前です。父親のラティフさんは昔はサッカーをやっていましたが、現在は東京でスポーツバーを経営しています。サニブラウンさんが9秒台を出したときは店内でもそうとう盛り上がっていたのかな?なんて思ってしまいますね。父親としてラティフさんも、かなり嬉しかったのではないでしょうか。

(出典:https://robamimireport.com)

母親は明子さんという名前で、写真を見た感じ、美人でハーフ顔だとも思えましたが、調べてみると日本人であるという情報がでてきました。高校時代は100m、100mハードルでインターハイ出場したことがあるそうです。サニブラウンさんは小さい頃はサッカーをやっていたのですが、明子さんが団体競技よりも陸上を勧めたため、小学3年生の時から陸上に転向しました。

その時にサニブラウンさんが所属したのが、明子さんの知り合いでありアトランタ五輪代表だった大森誠一さんの主宰する陸上クラブだったのです。それだけでなく、明子さんは走り幅跳びの日本記録保持者・森長正樹さんとも知り合いで、サニブラウンさんは森長さんに走り幅跳びを教わっているそうです。

創価学会の噂については、明子さんの出身高校が「宗像高校」だと言うのでパット見”宗教”かと思わせる学校名なので勘違いのただの噂の一人歩きであると思います。

サニブラウン・アブデル・ハキームの弟やあの発言について

(出典:https://robamimireport.com)

弟は、サニブラウン・アブデル・ハナンさん。陸上とサッカーをやっています。どうやら年齢も8歳くらいは離れているという噂がありますが、情報が少なく信憑性はありませんね。そして、あの発言とはなんぞやと言いますと、インタビュー時に「同じ16歳で早稲田実業の清宮くんが活躍してますけど?」との質問に対し、「何がすごいのかわからない」「頑張ってくださいとお伝えください」との発言。

そもそも、同い年だとしてもスポーツの分野もだいぶ違いますし、まずサニブラウンさんには現在同じ陸上の世界に捉えたい選手や目標の選手がまだまだたくさんいるえしょう。マスコミとしては「同世代」的な扱いをしたいのかもしれませんね。それにしてもサニブラウンさんの発言は、「今は陸上1本です!」的な感が伝わって頼もしく感じますね。

ですから、今やそんな発言も気にならないくらいの大物になってしまいましたね。

サニブラウンハキームは2019年現在フロリダ大学で世界陸上選手権200m最年少決勝進出動画がスゴい?

サニブラウンアブデルハキームさんは城西大学付属城城西高校を卒業後にフロリダ大学に進んでいます。通常は高校卒業後は日本体育大学や陸上の寧門である駒沢大学、早稲田大学、東洋大学といったスポーツ推薦で進学出来る大学に行く選手が多かったと思いますが、サニブラウンさんはアメリカの名門フロリダ大学を選びました。

その理由としては、フロリダ大学はアメリカでも名だたるスポーツ強豪校であり学業も極めてレベルが高いです。サニブラウンさんは選手生活引退後にはスポーツマネジメントの方面に進むことを希望していて、その分野では世界一のアメリカの大学を選択したという訳なんですね。

テニスの錦織圭さんもフロリダのスポーツアカデミーでプロとしての訓練を積みましたし、フロリダ州は全米きってのスポーツ先進州なのです。

錦織圭さんの記事はこちら→錦織圭の彼女観月あこは現在スイス?最新情報ローマで観戦か調査!

サニブラウンアブデルハキームさんにとっては、2017年が覚醒の年になったといっても良いでしょう。日本最高レベルの選手が集まった短距離100m、200mで優勝しています。そして陸上選手権ロンドン大会において100mでは準決勝に進出、200mでは史上最年少となる決勝進出を決めました。そして結果は7位でした。

スポンサーリンク




サニブラウンハキーム出身小中学高校など経歴(学歴)プロフィール詳細やスパイクは?

(出典:https://sportiva.shueisha.co.jp)

サニブラウンアブデルハキームさんの、出身小中学高校などプロフィールを見ていきましょう。

生年月日:1996年3月9日
出身地:福岡県北九州市
身長:188cm
体重:79kg
種目:短距離走

◆出身校◆
東京都港区立港陽小学校
城西大学附属城西中学校
城西大学附属城西高校
フロリダ大学

2015年 世界ユース100m、200mで優勝
世界選手権では200m準優勝

2017年 日本陸上競技選手権100m、200mで優勝
世界陸上選手権200m決勝進出

2019年 アーカンソー州での大学南東選手権9.99秒記録

サニブラウンさんは2017年から現在までナイキのスパイクを愛用しています。ナイキ「ズームスーパーフライ エリート」になります。現在とても売れていて、中でも黄色は人気で、売り切れの店舗が多いですね。サニブラウンさんがさらに注目されて、同じスパイク履きたいという人が多数いるんです。

サニブラウンが9秒99で日本2人目の9秒台の優勝で東京オリンピックの出場資格の一つを突破!

参加標準記録(10秒05)の出場資格の一つを突破しました。東京オリンピック100mの代表争いは最大で3人の出場枠だそうですのでまだまだ安心はできないですね。日本人でも二人目となる「10秒の壁」を破ったサニブラウンさんですが、東京オリンピックでは金メダルを取れるかもしれないと世間の期待も高まっています。桐生祥秀さんともに、現在日本人最速といってもいいでしょう。

その、米大学南東地区選手権男子100メートル決勝の動画を見てみましょう。

サニブラウンハキームに彼女はいる?

サニブラウンさんの彼女についてですが、現在写真やそれらしい情報は全くなかったので、いないと思われます。今大切な時期でもあるので、恋人なんてできたら陸上がおろそかになってしまいそうですよね。まだ年齢も若いので、理解してくれるような彼女なら上手くやっていけると思いますが…。いつかいい人と巡り会えるといいですね。

サニブラウンハキームのリオ五輪後の出場目標を聞いてみた!

2016年のリオ五輪出場は叶わなかったサニブラウンさんですが、目標は一貫してオリンピック金メダルと世界記録の更新です。そして今、間違いなくその目標を捉えるべく進化しているといってもいいでしょう。2020年にはサニブラウンさんはどこまで進化しているのか、非常に楽しみですね。

サニブラウンアブデルハキームの父親や高校が気になる!現在についてまとめ

何度か肉離れや怪我などで休養があったものの、今回、9秒台という素晴らしい記録を出せたのは本当にすごいと思います。プレッシャーに負けない心の強さも持っている方なのだと感じました。オリンピックで金メダルが取れるよう陰ながら応援したいです。

スポンサーリンク




-スポーツ選手

Copyright© Your life is irreplaceable! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.