スポーツ選手

井上広大の中学どこ?阪神志望なのかプレースタイルや身長体重彼女について調査!

更新日:

Pocket




プロ球団の阪神も注目の、大阪履正社高校の大型スラッガー井上広大選手。身長体重や出身中学、彼女についても気になります。そこで、今回は井上広大選手の身長体重や出身中学そして彼女、さらに阪神からの評価についても調べてみました。最後まで楽しんで下さいね。

スポンサーリンク




井上広大選手の生い立ちや活動経歴・出身小中学校などプロフィールと2019ドラフト候補の進路やスカウトの評価は?

プロフィール

(出典:https://www.asahi.com)

名前:井上広大(いのうえ こうた)
出身地:大阪府
生年月日:2001年8月12日
年齢:18歳
出身学校:大東市立南郷小学校→南郷中学校→履正社高校(在学中)
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手

井上広大は最初から野球をやっていなかった?

井上広大選手は、最初から野球をしていたのではなかったんですね。小学生の頃にはANTブルージェイズというチームに所属して、ソフトボールをやっていました。中学生になるとリトルリーグに所属し、当時のポジションはキャッチャーでした。3年生になるとキャプテンも務めました。井上選手の通った南郷中学校は大阪府大東市にある公立中学校で、偏差値はそれほど高くなく、自由な校風の中学校のようです。

履正社高校に進学してからは送球動作の速さと、送球の正確性が評価され外野手に転向します。さらに、攻撃面でも才能が開花します。1年生の夏からベンチ入りし、代打として出場します。秋にはレギュラーを勝ち取り、出場した近畿大会ではタイムリーも放ちました。

2年生の夏こそ不発に終わりますが、秋大会からは4番に座ります。そして、夏の不発を挽回するかのようにホームランを連発しました。さらに、近畿大会では満塁ホームランも飛び出します。3年生になった今年も夏の予選では打率4割近く、ホームラン4本という活躍を見せました。

奥川恭伸にリベンジ

2019年春の選抜では星稜高校の奥川恭伸投手相手に17奪三振完封で敗戦と涙を呑みますが、夏の甲子園ではホームランを量産し、決勝では奥川恭伸からホームランを放ち、堂々の貫禄でチーム初の甲子園優勝を果たしましたね!そんな、甲子園で注目選手として活躍を期待した井上広大選手には、プロのスカウトも注目しています。

恵まれた体格もそうですが、身体能力も優れています。履正社の4番としても、しっかりと成績を残しました。2019年のドラフトは投手が豊作と言われていますが、大船渡高校の佐々木朗希投手、星稜高校の奥川恭伸投手、創学園高校の西純矢投手、横浜高校の及川雅貴投手といった高校BIG4に負けないくらい活躍をして欲しいですね!

佐々木朗希投手の記事はこちら
↓  ↓  ↓
佐々木朗希の名前の読み方が意外だった!身長体重は?

奥川恭伸投手の記事はこちら
↓  ↓  ↓
奥川恭伸投手(星稜)の身長何cm? 彼女や中学について調査!

及川雅貴投手の記事はこちら
↓  ↓  ↓
及川雅貴投手(横浜)は彼女がいる?中学はどこなのか調査!

井上広大が野球を始めたのはいつでシニアはどこ?父親母親はどんな人なのか職業や兄弟を調査!

先述のように井上広大選手は小学校の時はソフトボールをしていましたが、中学校に入ると「東大阪シニア」というリトルリーグに所属し、硬式野球を始めました。そんな井上選手の家族(父母、兄弟)について調べてみたのですが、残念ながらご家族に関する情報は見当たりませんでした。

ですが、井上広大選手は大食でも有名との事ですので、井上選手の食生活を支える、ご家庭、母親(貴美さんというそうです)の愛情は相当なものでしょう。ちなみに、大阪の野球強豪校でも大阪桐蔭などのように全員合宿の学校に対し、履正社の選手は自宅から通学しています。

そして10年ほど前から食の指導する栄養学の女性ボランティアがいて、日常の食生活についてケアが行われているそうです。

井上広大外野手のプレースタイルの特徴は?ホームラン数と高校通算成績データがスゴい!

(出典:https://sp.baseball.findfriends.jp)

井上広大選手のプレースタイルの特徴を見て行きましょう。井上選手の2019年夏の甲子園前までの公式試合の成績は、22試合、打率.299、打点24、本塁打7本、出塁率.365、三振9です。まず出塁率が高い事から選球眼の良さが伺えます。また安打の中でも長打が多く、その長打力が魅力の一つといえます。

また、状況に応じて、左右どちらにも打てる広角打法が使える器用さも兼ね備えています。高校1,2年に膝の故障でそれほど成長できなかった事を考えれば、この成績は並みの高校生ではないことが分かります。

スポンサーリンク




井上広大(履正社)の身長体重は?彼女や好きなタイプを調べてみた!

井上広大選手は超高校級の体といわれていて、身長は188㎝、体重97㎏あります。高校1年生の秋から食事やトレーニングによって、10㎏も体重を増やしたそうです。井上選手の彼女についても調べてみましたが、現在のところそのような情報は特になく、好きな女性のタイプについても記載が見あたりませんでした。

ですが、背も高く甲子園でも大活躍もしているので、すぐに彼女はできそうです。今後、プロになって有名になったら彼女の話も浮上するかもしれませんね。

井上広大のあこがれの選手は誰?2019年の甲子園での凄い活躍!

(出典:https://www.iza.ne.jp)

井上広大選手は、高校の先輩でもあるヤクルトの山田哲人選手が憧れの選手のようです。山田選手はプロ野球の世界でも素晴らしい活躍をしていて、2015年、2016年、2018年と3回もトリプルスリーを達成しています。この記録は打撃だけではなく、走塁も関係してますので、是非とも井上選手にも挑戦して欲しいですね。

先述のように選球眼もよく出塁率も高い、また右方向への長打が打てるという特徴も兼ね備えた井上選手なら、確実に捉えることができればさらに活躍をするでしょう。

山田哲人選手と川口春奈さんの記事はこちら
↓  ↓  ↓
川口春奈が彼氏とたばこ?歴代彼氏は山田哲人なのか調査!

井上広大をプロ野球阪神球団ドラフトが高評価する理由は?ネットの最新評判まとめ

超高校級スラッガーの井上広大選手に、プロ野球の阪神タイガースは球団事務所でのスカウト会議で、星稜の奥川投手と並んで高い評価を与えたそうです。阪神の畑山統括スカウトは、高校通算48本と本塁打を量産している事などから、井上選手についての成長を評価。

ですので阪神は球団として、井上広大選手ドラフト上位指名候補に挙げているとの報道もあります。かつてヤクルトスカウト責任者として古田敦也さんらを発掘した片岡宏雄さんもパワーと潜在性を評価しています。阪神から見れば、井上選手としては生まれ育ち出身中学・高校とずっと地元大阪であるという生い立ちも、生え抜きの「看板選手候補」としての重要な条件を満たしているといえます。

他球団も、楽天の愛敬スカウトは「甘い球をファーストストライクから仕留められるようになった。体格もよく鍛えがいがある。右打者で長打を打てる魅力を持っている」、ヤクルトの阿部スカウトは「右の大型外野手で長打が魅力。スケールが大きい」と熱い視線を送っています。

井上広大のプロ野球12球団指名予想とプロ野球視察情報は?

先述のように、井上広大選手には阪神が非常に注目していまして、次いでソフトバンク、楽天、ヤクルト、巨人、中日といった球団がリストアップしています。阪神は佐野スカウト顧問、和田TAといった5人態勢で視察し、渡辺スカウトは「大きいのが打てるので、非常に楽しみ」と評価しています。

井上広大の中学どこ?阪神志望なのかプレースタイルや身長体重彼女についてまとめ

阪神が獲得となると、地元大阪の選手ですし将来のスター選手となる期待が大きくなりますね!井上広大選手は努力も人並みならぬものを持っていますし、プロでも必ず成功してくれるでしょう。応援していきたいですね(^^)

スポンサーリンク




-スポーツ選手

Copyright© Your life is irreplaceable! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.