芸能人

鬼龍院翔って歌うまい?相方や結婚について衝撃の事実が!

投稿日:

Pocket




「歌うまい?下手?」と話題のエアバンド『ゴールデンボンバー』のボーカルの鬼龍院翔さん、なにやら元相方の暴露や自身の結婚時期についても注目を集めています。そこで、鬼龍院翔さんについて歌うまいのか元相方はどのような内容の暴露をしたのか、そして結婚を考えている相手は現在いるのかについて、調べてみました。

スポンサーリンク




鬼龍院翔は歌うまい?歌唱力・音楽的バックグラウンド・歌唱スタイルを調査!

元々はお笑い志望だった

(出典:https://thetv.jp)

ゴールデンボンバーのボーカルの鬼龍院翔さんですが、みなさん気づいているかもしれませんが、V系が好きで心の底からリスペクトしているそうです。現在は「歌うまい?」と話題の鬼龍院さんですが、幼少の頃は音楽には全く興味がなくて、普通にテレビで流れているJ-POPを軽く聴くくらいだったみたいで、なんと小さい時から目指していたのは、ミュージシャンではなくて、お笑い芸人だったそうです。

ですが、中学生の時にテレビでMALICE MIZERの「月下の夜想曲」を聴いて、そのクラシカルな楽曲に衝撃を受けて、芸人を辞めて音楽を目指そうと思ったみたいです。カラオケでは、MALICE MIZERの曲を沢山歌ったそうです。大好きなミュージシャンは、Gacktさんだそうです。

Gacktさんの記事はこちら
↓  ↓  ↓
ガクトの年齢はスッピン以上?50で公表公開済なのか検証してみた!

Gacktは神のような存在

鬼龍院翔さんにとって、gacktさんは神のような存在だそうです。幸か不幸か鬼龍院翔さんが通っていた中学校の給食の時間にDIR EN CREYという曲がかかるファンキーな学校だったといいます。もちろん、DIR EN CREYも好きだし、他の曲でLacyma ChristiやLArc~en~CielやGLAYなどの曲も良く聴いたそうです。

しかもこの頃から、ギターも始めてたそうです。 高校では、3年間バンド活動していたみたいですが、やっぱり夢は「お笑い芸人」であり、卒業後にお笑い養成校のNSCに入学していたみたいですよ。しかし、同期のお笑いレベルの高さを知った鬼龍院翔さんは、「自分には無理」と悟って、もう一つの好きなことの音楽を再開することでした。

これが伝説の始まりになるのです。歌唱スタイルで言えば、歌うまいのかについては歌唱スタイルはクォリティは下がりますが、大分GACKTさんのパクリに近いといえます。ですが、鬼龍院翔さんは身長が164cmと低めだし、声帯も短いために高音向きで魅力的な、ハイトーンを出すことができるのです。

鬼龍院翔は歌うまい?

だから、今ゴールデンボンバーで出場した時、結構大きな声で熱唱しているんですね。ハイトーンボイスの鬼龍院翔さんでも、ライブでは不発率が高いというか、殆ど出ていない状態だそうです。かといって、歌が下手というわけではなく、一般人よりは歌うまいと思います。

ちゃんとビブラートもでているし、声もそこそこ大きいし良くほかのアーティストさんと番組でコラボして歌っているのを観ているし、そんなに下手だとは感じたことがないですね。かといって、すごく歌うまい訳でもないのでいわゆる普通ということになりますね。

鬼龍院翔を元相方が「オドオドしてた」「ヒドイ人」と語る?

(出典:https://www.oricon.co.jp)

ヴィジュアル系エアバンドのゴールデンボンバーのボーカル担当の鬼龍院翔さんが、吉本の養成所時代にコンビを組んでいた元相方・しずる池田一真さんの暴露で困っている様子を見せたことがあるとのことです。NHKのトーク番組「スタジオパークからこんにちは」(月~金 午後1時27分)の公開生放送があって、ゴールデンボンバーの4人を、スタジオに詰めかけた沢山のファンが笑顔で迎え入れてくれたそうです。

メンバーの歴史をひも解いて行くコーナーでは、鬼龍院翔さんが吉本の養成所・NSCに通っていた頃にコンビを組んでいた、元相方のしずる・池田さんのインタビューVTRがオンエアされました。

「暗かったですね。声もちっちゃいし、オドオドしていました。こういう人が舞台に立てるのかな?って思ったんですけど、舞台に立つと豹変していたというか」

と当時の鬼龍院翔さんの印象を明かした元相方の池田さんでした。さらには、自分の後に鬼龍院翔さんとコンビを組んだ相方から聞いた話として

「「相方が飛んで体から落ちるネタ」があって、それを練習中に「もっと高く」「腰から落ちてくれ」って。鬼龍院翔さんの中でのこだわりがあって、それを実現するために何度も練習していた」

というストイックなエピソードも披露して、「相方の体がどうなろうと知ったこっちゃないっていう。だからヒドイ人ですよね」と毒づいたそうです。

スポンサーリンク




鬼龍院翔はとても純粋で一途?すきっ歯なのか素顔で確認!

鬼龍院翔は純粋で一途?

鬼龍院翔さんといえば、ヴィジュアル系でまあまあカッコいいですよね。鬼龍院翔さんの女性関係はどうなっているのか気になりますよね。なので、掘ってみました。すると、鬼龍院翔さんは過去に2人付き合っていた方がいるみたいですよ。一番最初は、中学2年生の時だそうで、人気者で美人だった子と付き合っていたみたいなのですが、3日でフラれたそうです。

しかも、悲しいことにその子は、鬼龍院翔さんと別れてすぐに、後輩の男の子と付き合ったという悲しいエピソードがあるみたいです。2人目は、鬼龍院翔さんがまだゴールデンボンバーとして売れる前に付き合っていたみたいです。出会ったきっかけは、鬼龍院翔さんが働いていたレンタルショップみたいですよ!今となっては初々しいですね。

彼女は、お客さんとして何度か来ていたらしいです。その彼女は、耳が不自由で、鬼龍院翔さんは彼女を楽しませたいと思ったみたいですよ!優しい所もあるんですね。だから、今あんなに楽しそうなゴールデンボンバーになっているんですね。別れた時は、死のうかと思ったくらい相手のことが大好きだったとのことです。

鬼龍院翔はすきっ歯?

付き合っている時は、好きすぎて一晩一緒にいても手を繋ぐだけで何もなかったこともあるらしいですよ。確かに彼女に一途という面もあったんですね。そんな一途で「歌うまい?」といわれる鬼龍院さんですが「すきっ歯?」ともいわれているので、素顔で確認してみましょう。

(出典:https://moya-trend.com)

確かにすきっ歯のようですが、本人曰く遺伝性のものらしいので、健康に問題なければ愛嬌がありますし、大丈夫ですよね!そんな鬼龍院さんには、結婚を考えているような彼女は現在いるのでしょうか?

鬼龍院翔は近いうちに彼女と結婚する?

とても、一途で純粋な鬼龍院翔さんですが、過去に付き合っていた耳の不自由な彼女と復縁して結婚しているのではないかという噂が流れていますが、本当のところ結婚についてはどうなのでしょうか。その彼女以来、ずっと誰とも付き合っていないと言っているみたいですが、正直なところはどうなのでしょうね。

でも、もし結婚となればもちろん報道陣がほっとくわけないと思うし、新聞に大きく取り上げられるかもしれませんしね。今のところそういう話も出ていないので、結婚はしていないと思いますよ。

鬼龍院翔の実家(自宅)が判明?

鬼龍院翔さんの実家は、台東区写真館だそうです。台東区の「いろはかい通り」と言われている、商店街の近隣ではないかと考えられますね。ちなみにですが、出身の小学校は待乳山小学校と嘆かれています。最寄駅は日比谷線が通っている「三ノ輪」「南千住」だそうです。

鬼龍院翔の兄弟は?

鬼龍院翔さんの両親と兄、弟の5人家族で、両親は東京の下町で写真館を運営していると噂されています。兄や弟については、どんな職業なのかは分かっていません。

鬼龍院翔の年収は?

ゴールデンボンバーの曲は全部、鬼龍院翔さんが作っているので、曲の印税はヤバイくらいあると考えてもいいかもしれませんよ。ひも解いて行くと、納税額は1000万円位あるとのことです。納税額が、1000万円ということは金額が相当な額だと思うので、一般人よりは夢の年収なのではないかと思います。

憶測ですが、5000万~億あるのではないかと囁かれているみたいです。最近、音楽番組にもよく出演しているし、CDも何枚か出しているし、ライブも行っているので、相当な年収になるのではないでしょうか。そして鬼龍院翔さんの貯金額についてですが、2019年8月19日放送の「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」に出演した際、貯金額を尋ねられる一幕がありました。

鬼龍院は「2億(円)貯まったら、無鉄砲に生きようと思ってて」と話し、すでに「2億貯まった」事を明かすとMCの高嶋ちさ子さんたち共演者たちを驚かせました。

高嶋ちさ子さんの記事はこちら
↓  ↓  ↓
高嶋ちさ子の姉の現在状況は?兄との関係がシュール!

鬼龍院翔のプロフィールと今現在や最近は?

(出典:https://townwork.net)

芸名 鬼龍院翔
本名 一浦翔
生年月日 1984年6月20日(35歳)
出生地 東京
ジャンル 歌手・ソングライター
活動年期 2004年‐
音楽ジャンル pop・punk・rock
バンド担当 ボーカル
ラベル ユークリッド/ザニ―ザップ
関連するバンド名 ゴールデンボンバー

以上が鬼龍院翔さんのプロフィールです。

ゴールデンボンバーは最近はヒット曲よりもメンバー個々のソロ活動が増えてきてますね。鬼龍院翔さんは2012年に出版した自叙伝の中で『強迫性障害』を告白していますが、最近は幼少時に比べて安定してきたと言われています。

鬼龍院翔って歌うまい?相方や結婚についてまとめ

演奏をせずにパフォーマンスに特化するという、斬新なバンドのスタイルを提示したゴールデンボンバー。その頭脳ともいえる鬼龍院翔さんの意外な一面が分かりました。イメージとは裏腹に堅実な鬼龍院さんの結婚式というのも、いつか見てみたい気もしますね(^^)

スポンサーリンク




-芸能人

Copyright© Your life is irreplaceable! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.