芸能人

松岡恵の年齢は?宝塚の成績や身長芸名についても調べてみた!

投稿日:

Pocket




宝塚歌劇団の松岡恵さんが話題になっています。年齢や成績、身長・芸名などとても気になりますね。父親はあの松岡修造さんという松岡恵さんについて、年齢や宝塚での成績、身長・芸名などについて徹底調査を行ってみました。

スポンサーリンク




松岡恵(松岡修造の子供で愛娘)の年齢や身長など経歴プロフィールは?

(出典:https://www.daily.co.jp)

松岡修造さんの長女、恵さんが宝塚音楽学校に合格したと話題になったとき、そんな年齢の子供がいたのかと驚いた人も多かったみたいですね。松岡恵さんのプロフィールは、まだ宝塚歌劇団から公表されていないので、今わかる範囲でまとめてみました。

芸名:稀惺 かずと(きしょう かずと)
本名:松岡 恵(まつおか めぐみ)
生年月日:1999年5月
年齢:19歳(2019年4月現在)
身長:169cm
出身校:日本女子大学付属高等学校
2019年3月 宝塚音楽学校卒業(105期生)

宝塚音楽学校に入学するまで通っていた日本女子大学付属高校は、お母さんである田口惠美子さんも通っていました。この高校には、宝塚ファンが作ったという『宝塚歌劇団同好会』や、ミュージカルを本物さながらに演じるの『ミュージカルクラブ』もあります。タカラジェンヌが多く輩出されているのも頷ける環境が、高校にあったんですね。

松岡恵さんも、影響をうけたかもしれませんね。2019年5月、20歳の年齢の誕生日はタカラジェンヌとして迎えます。身長169cmというのは、男役の身長としては高過ぎず低過ぎずなのだとか。活躍が楽しみですね。

松岡恵の家族構成は母親が元テレビ東京アナウンサーの田口恵美子?父・松岡修造との関係を調査!

稀惺かずとさんこと松岡恵さんのお父さんは、元プロテニスプレーヤーの松岡修造さん。お母さんは元テレビ東京のアナウンサー、田口惠美子さんです。松岡修造さんもアメリカ生活を経験していますが、田口惠美子さんは、ハーバード大学教育大学院メディア専攻修士課程を修了という成積です。

(出典:https://pandra.芸能blog.com)

1995年には『TVニュース七つの大罪 -なぜ、見れば見るほど罠にはまるのか』を翻訳出版しています。バイリンガルな家庭なのですね。田口惠美子さんは32歳の年齢の誕生日の1998年2月2日に、松岡修造さんと結婚。翌年に恵さんが誕生しました。5年後、長男の修(しゅう)さん。翌年に次女、笑(えみ)さんが誕生。

『修造アンサー!!こまったきみの、なやみ解決』の出版イベントで、松岡修造さんが、子供とのことを話しています。「他の子供たちへの冷静な指導法が、自分の子供たちにできていない。『早くしろ!』とか、NGワードを使ってしまう。感情を発してしまうんです」だから子供たちに「みんな、だまされてる」「ウソついている」と言われるんだとか。

子供にウソつき呼ばわりされたら、怒るのが普通ですよね。でも松岡修造さんは違います。「確かにそう思うので、子供たちを責める訳にいかない。だから時々、日記で子供たちに気持ちを伝えています」やっぱり、松岡修造一家は違いますね。

松岡恵の家系と親族(実業家一家)が豪華すぎる?

松岡恵さんの宝塚音楽学校入学で、改めて豪華すぎる松岡家の豪華な家系が話題になりました。松岡恵さんの高祖父にあたる小林一三さんが、宝塚歌劇団の生みの親ということで、話題になりましたね。松岡恵さんから見た、『華麗なる一族』の一部を紹介します。

高祖父:松岡潤吉(松岡汽船創業者社長、呉羽紡績発起人)
高祖父:小林一三(阪急東宝グループ創業者、宝塚歌劇団創始者)
曾祖父:松岡辰郎(松岡汽船社長、第9代東宝社長)
祖父:松岡功(テニス選手:デビスカップ日本代表、第11代東宝社長)
祖母:松岡葆子(旧名:静子、宝塚歌劇団44期生トップ男役:千波静)
母:田口惠美子(アナウンサー)
伯母:辻敏子(旧姓:松岡)
義伯父:辻芳樹(辻調理師専門学校校長)
伯父:松岡宏泰(東宝東和会長、東宝取締役)

これだけでも華麗なる一族ですね。他にも小林一三さんの次女・春子さんが、サントリーの社長と結婚しているので、三代目のサントリー社長の鳥井信一郎さんは、松岡恵さんの祖父・松岡功さんの従兄弟になります。祖父・松岡功さんの姉妹・喜美さんは、子供のいなかった小林米三(松岡辰郎さんの弟)さんの養女になりました。

祖伯母:小林喜美
祖伯父:小林公平(阪急電鉄社長、会長)
父の従兄弟:小林公一(阪急阪神ホールディングス取締役、宝塚歌劇団理事長)

松岡修造さんの母方も凄いんです。祖母:松岡葆子さんはタカラジェンヌでしたが、姉妹もタカラジェンヌでした。42期生の千波淳さんと、48期生の千波薫さんです。千波薫さんには、松岡修造さんの従姉弟にあたる子供がいます。娘の千波ゆうさんは76期生のタカラジェンヌです。

(出典:https://talent.thetv.jp)

千波ゆうさんは退団後、田中里衣という名前で、舞台を中心にドラマや映画でも活躍しています(旧芸名は田中里枝・田中ちなみ)。息子は会社員とのことで、公にされていませんが、元タカラジェンヌで花組男役トップスターだった蘭寿とむさんと結婚しています。他にも、辿っていくと政治家の親戚もいるようですが、小林一三さんの血をひく子孫で、タカラジェンヌは松岡恵さんが初めてのようですよ。

松岡恵の高校は日本女子大学付属高校?出身中学も調べてみた!

松岡恵さんは日本女子大学付属豊明小学校、幼稚園に通ったのち、日本女子大学付属中学、高校と進学しました。日本女子大学のエスカレーターに、幼稚園から乗っていたのですね。中学3年生のときに、蘭寿とむさんの宝塚時代のDVDを見て、タカラジェンヌを目指そうと思ったのだそうですよ。蘭寿とむさんは、現在も同じ芸名でドラマや舞台で活躍しています。

(出典:https://www.sanspo.com)

目指すことはできても、かなえてしまうのは誰にでもできることではありません。蘭寿とむさんの映像に、自分の輝ける場所を見つけたんでしょうね。

スポンサーリンク




松岡恵の芸名やクラスと松岡修造の「怒り最悪」とは?宝塚での成績悪く一発合格じゃなかったのかコネ入学疑惑を調査!

(出典:https://corobuzz.com)

松岡修造さんはいつも熱いですが、その熱さが怒りになったのは2017年の5月です。長女の松岡恵さんが宝塚音楽学校に入学したことについて、マスコミが触れたときでした。「注目されるのは最悪。おめでたくないんです」と語気を荒らげた松岡修造さん。宝塚音楽学校に行くのが反対だったのかと思いきや、違いました。

「宝塚という所は1人じゃない。1期が約40人。みんながすごい。1人じゃなくてみんなが注目されなきゃいけない」

なるほど!松岡恵さんと同期のタカラジェンヌの卵たちを、気遣っていたのですね。松岡恵さんは前年も受験しているので、二度目のチャレンジで合格しました。宝塚音楽学校は、年齢が満18歳までしか受験できない決まりになっています。宝塚音楽学校理事長の小林公一さんが、父・松岡修造さんの従兄弟ということで、コネ合格だったんじゃないかと言われていますね。

競争率が26倍以上という狭き門なので、余計に『コネ合格』と言われるのかもしれません。けれど月組トップ娘役だったタカラジェンヌ・黒木瞳さんの長女は、3回チャンスのある受験に、すべて失敗したそうです。コネで合格できるほど、簡単ではないようですよ。

芸名は『稀惺かずと』さん。

『稀』は“まれ”、『惺』は“澄みきった星”を意味するそうです。すでに注目度は、入学のときから名前の如く『類いまれ』ですよね。101期生から『組回り』といわれる特別研修期間がなくなっているので、5月には配属する組が発表される予定です。宝塚ファンの間では、祖母・千波静さんと同じ星組じゃないかと、早くも話題になっているんだそうですよ。

松岡恵の性格や彼氏についてTwitter・2chの反応は?

(出典:https://www.iza.ne.jp)

松岡恵さんは松岡修造さんの娘らしく、高身長で快活だと伝えられています。卒業式で後輩にブーケを贈られ、笑顔を見せていました。逆に後輩が泣き出してしまい、励ますシーンもあったんだそうですよ。音楽学校の思い出は『同期の誕生日を盛大に祝い合ったこと』。好きな言葉は『心に炎』と父親の松岡修造さん譲りの、熱さと他を思いやる心が垣間見えます。

みんなに愛される性格のようですね。彼氏の存在は、調べたのですがわかりませんでした。ずっと女子校だったので、彼氏はいないかもしれませんね。すでに少女マンガに出てくるヒーローのような王子様すぎるので、男性は近寄り難いかもしれませんね。娘役の同期と一緒に道を歩いている姿が撮られていますが、すでにカップルみたいです。

Twitterや2chでは3年前に宝塚音楽学校に入学した、君島十和子さんの娘・蘭世惠翔さんの事も取り上げる声も多かったですね。

松岡恵の105期生・宝塚音楽学校卒業式ニュースは?入団式と予定を調べてみた!

卒業式では例年、粛々と進むことが多いそうです。けれど105期の卒業式では、松岡修造さん譲りのハートの強さ、熱さがみんなにも伝わったのか、時折、笑いも起こる和やかな式典になったんだとか。式典の最後には、全員で写真撮影があるのですが、このときには卒業生40人が「やる気、元気、105期!」との掛け声で気勢を上げました。

これは先生から『やる気、元気がある期』と言われたのを、キャッチフレーズにしたんだそうです。松岡恵さんは、無遅刻で全てに出席した「特別皆勤賞」を24人のうちの1人てして受賞しました。卒業式には仕事で松岡修造さんは出られませんでしたが、お母さんの田口惠美子さんが出席していました。

松岡修造さんも自身のサイトにコメントを掲載。

『決して楽なものではないと思いますが、小林一三さんのお言葉「朗らかに、清く、正しく、美しく」をモットーに、娘自身の好きな言葉「心に炎」を保ちながら、日々精進していってくれることを願っています。』

と綴っています。

さて、これからの予定ですが、3月1日に宝塚音楽学校第105期生の卒業式が行われましたが、入団式は例年通り同じ日に行われました。初舞台は4月19日から5月27日まで、宝塚大劇場での宙組公演『オーシャンズ11』に決まりました。1幕目の前にまず全員が、紋付に緑色の袴姿でステージに横一列に並び、1ステージにつき3人が前に出て『口上』をいいます。

基本的には成績順なんだそうですが、男役ばかり、娘役ばかりにならないように多少前後することもあるのだとか。

松岡恵さんの口上は、

4月21日15時(貸切)
5月3日13時
5月7日13時
5月18日11時

の4回が予定されています。

『オーシャンズ11』の最後に、105期全員によるラインダンスが披露されますよ。卒業のときの成績が11番目で、『オーシャンズ11』が初舞台で、タカラジェンヌに憧れるきっかけになった蘭寿とむさんの代表作が『オーシャンズ11』というのは、ただの偶然でしょうか。

松岡恵(まつおか めぐみ)は宝塚で男役スター候補?すみれ募金にファンの人気殺到!

『すみれ募金』というのは、宝塚音楽学校が毎年行っている活動で、生徒が街頭で募金活動をします。集まった寄付金は『公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金』に全額が寄付されます。2017年5月に行われた『すみれ募金』は、松岡恵さんが入学し初めて公の場に出るとあって、マスコミや見物人が殺到し、一時中断する騒ぎになってしまいました。

それだけ注目度が高かったからだけでなく、入学式の映像などで初めて松岡恵さんを知り、ファンになった人も多く集まったようです。宝塚音楽学校での成績は、その後にはあまり影響しません。

(出典:https://search.yahoo.co.jp)

檀れいさんは宝塚音楽学校では最下位の成績ながら、トップ娘役になっています。ですから成績だけでなく本人の演技力、歌唱力は基より、人気や華、オーラなど総合的に判断されるのだそうです。その他大勢の役から、セリフがつき、衣装が華やかになってくるのだとか。

松岡恵の年齢は?宝塚の成績や身長芸名についてまとめ

松岡恵さんは成績は11番目ですが、身長も高くスタイルもいい上に、オーラがありすでに人気があるので、いいところまで行くのではないかと、宝塚ファンはすでに次のスター候補としてチェックしているんだそうですよ。これからの活躍が、とっても楽しみですね。

稀惺かずとさんの芸名、要チェックです!

スポンサーリンク




-芸能人

Copyright© Your life is irreplaceable! , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.